読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅と片付けと子育てと

旅好き。身軽に暮らしたい。子育て中のあれこれのブログです

アジアで花咲け!を読んで懐かしいアジア旅

アジアで花咲け!  なでしこたち たかぎなおこが海外の働き女子に出会う旅


連休は図書館に二度行きました。


偶然あったこの本!!


たかぎなおこさんの本、読んでみたかったのでラッキーでした。


アジアで働く女性。きっと増えてるんだろうな、と思います。

アジアで働く人々には、旅先で、知りあいでも、時々お目にかかります。


羨ましいと思ったり、大変だよなぁ、と思ったり。


この本で取り上げているのは、四カ国。

(パート2もあります


そのうち、半分の中国、カンボジアには、私もいったことがあり懐かしい。。。


ベトナムは私はいったことはないけれど旦那さんは行ってます。そして、ベトナム人女性には、日本で仲良くしていたころがありました。


アジアは、家族の仲がいい、というイメージがあります。ベトナム人女性は、結婚で日本に来ていたのですが、子供を連れて帰省もしていました。

そのときに一緒に行ってたら訪問のチャンスがあったのですが、、、

それ以来、ベトナムに行くチャンスはなし。

嗚呼、あれがチャンスだったとあとからわかることが数回あります。


仕事の連絡もあり、迷って行かなかったのですが、チャンスには、迷ってはいけないのです。。。


一度は海外で働いてみたかった!という夢があるので、この手の本はすごく憧れます。


アジアには、どの国も旦那さんと行ってます。

カンボジアは、特に懐かしい国です。アンコールワットに行きたくてカンボジアに行き、貧しいながらも、いい仕事をしたい!もっとスキルアップしたい!日本に行きたい!という熱い気持ちを出会う人々から強く感じた国でした。

アンコールワットは、気温も高く暑い観光でしたが、夜の空気や、緑の心地よさは忘れ難いものがあります。


また行きたいと思いながら、もう十年以上前になるとは、カンボジアには行けてよかったなぁと思います。


そして、この本でそのカンボジアでは、ハーブがとても料理に使われるということを、はじめて知りました。ハーブ、もっと使いたい!と思っているので、カンボジア、また行きたくなりました。

海外で日本人の特性をいかしながら仕事をしている女性たち。


素敵ですね!